2023年1月号Newsletter

講師のつぶやき

現中学3年年のほとんど全員が中学1年生から今まで継続してくれています。2年前の写真と比べると、女子はめっきり大人っぽく、よりしっかりした顔つきになっています。男子はとにかく身体成長が著しい!の一言。1レッスン2時間 ほとんど毎週会ってきました。 夜集まって勉強すること自体を楽しんでいた時期、初めて自分の学力に順位がつけられて喜んだり肩を落としたりの時期、部活を主な理由に勉強がおろそかになった時期、フと気づくと先輩の受験は終わっていて、先輩たちのその後の進路に深く興味を持ち始める時期・・と様々なステージでの彼らの一面を見てきました。 最近「勉強の目的を見失う時がある。」と漏らしていた生徒がいました。 その気持ちわかります。でも効率良くとか明瞭な目的があるわけでなく、何かにがむしゃらに打ち込む時期は重要だと思います。 振り返ると大きな力が育っていて、それが自信や知識といった土台となり次の更に大きな夢への一歩につながるでしょう。 中学3年生の皆さん、1か月後にあるのが本番の試験です。ここでもう一段階ギアを上げてください。最高に頑張って勉強してください。

英検合格おめでとう!

2級 高校修了レベル

  • Hikaru(高2)
    余裕合格でした!読解がかなり強いです。そのしっかりした知識を活かし、フィリピンオンラインを活用したスピーキング練習も定期的に取り入れると、英語学習がさらに楽しくなります。

準2級 高校中級レベル

  • Haruto(中3)
    忙しい受験生であるにも関わらず、自主学習のみで合格しました!
    筆記テストは余裕の合格で素晴らしいです。春のNew Zealand現地校体験で、存分にスピーキングを試してきましょう!

3級 中3修了レベル

  • Haruma(中3)
    筆記…1ミスのみ
    スピーキング…満点!
  • Kenshin(中3)
  • Meguru(中3)
  • Shoma(中3)
  • Takumi(小6)

BREAKTHROUGH

 今年12月で開校10年です。有難いことに中には9年近く通い続けてくれている生徒さんもいます。今年は3人の英語力のBREAKTHROUGH(大きな進歩、躍進、突破口)を目撃しました。感激しました! 
 3人の共通点は、年少年中から習い始めて9年目であり、オンラインスピーキングをしているという事です。
そのうちの年少さんから通ってくれている二人は、今小学六年生。 「発音の良さ」「言葉に感情がのっている」の二つが群を抜いています。 
 「発音の良さ」は、聞き手がストレスを感じることなく理解できるレベルに達しています。 よく「英語は通じればよい。」と言われますが、通じる英語というのは皆さんが思うよりかなり高レベルです。 高学歴のビジネスマンがオーストラリアで”I want to go to Sydney.”が何度言っても通じなかったという本当の話があります。
 次に「言葉に感情がのっている」です。実は日本人の英語は無感情です。Daniel講師も毎回「感情をこめて!」と生徒たちに助言しています。試験用に勉強しているのだから関係ないと思われるかもしれませんが、試験のリスニングに大いに影響があります。 感情を入れて言えるという事は、『言葉としての英語』を学んでいるのでリスニングしながらその情景を想像できます。「このお母さんは子供に怒っているな」「自分の応援しているサッカーチームが良いプレーをできなくてがっかりしているんだな」など、正解にたどり着けるヒントが多いのです。【テスト問題】という認識でのみ英語を勉強していると、ある難易度に達した頃から(中2後半位)、努力に見合った得点ができなくなってきます。
 この2つの大きなアドバンテージに、単語力と文法力そして 英語を操れるからこその楽しい経験などを1~2年に一度できたら英語力の躍進は止まらないでしょう。

 もう一人は、年中さんから通ってくれている中学1年生さんです。 持ち前の積極性と習った文法は実際話すという姿勢で、ぐんぐん力を伸ばしています。 フイリピンオンラインレッスンでの会話でも「現在完了形の否定文」などでコミュニケーションしています。 学年トップクラスの生徒たちのいる中三クラスにいても全く引けを取りません。長文読解までもここまでできてしまうとは想像以上で、ここでもBREAKTHROUGHを目撃しました。

「語学習得において、年少年中さんスタートのアドバンテージは大いにある」、と確信した一年でした。

講師紹介

Y.K.

私は暗記が嫌いで、なるべく覚える量を減らすことはできないかと考えて勉強してきました。これまで自分が心がけてきた丸暗記に頼らない勉強法を、みなさんに楽しくお伝えしていきたいと思っています。よろしくお願いします。

3年ほど他塾で英数を教えていました。直ぐに1クラス全9人の名前と顔を覚えて、詳しく報告しくれる熱心な講師です。

Follow me!

前の記事

2022年12月号Newsletter

次の記事

2023年2月号NewsletterNew!!